「期末テストが終わった後に絶対にすべき、4つのコト」

こんにちは、LiNKS個別指導城陽駅前校の鹿屋です!

LiNKSコラム第3弾!

ということで、今回は中学生の「期末テストが終わった後に絶対にすべき、4つのコト」と題しましてお送りさせていただきたいと思います。

教科書改訂後、2回目のテスト。

この先も各学校で同じような形式の問題が出題されることでしょう。

その時の勉強の仕方のヒントになれば幸いです。

それではいきましょう!

⓵テストの内容分析

終わってしまったテストを次に生かすためにも、今回のテストでどういう問題が出るようになった、あるいは増えたのかを知る必要があります。

例えば、英語であれば

英作文(記述問題)、単語を選択する問題の出題形式、長文…など

数学であれば、

計算問題の出題量、思考力に関する問題(応用問題)、記述式の問題…など

 

②自分の答案分析

次に自分の答案を見返してどの問題が合っていて、どの問題で間違えてしまっているのかを知ることが必要になります。

点数を上げるためにも、次のテストまでに間違えた問題と同様の問題を解けるようになっていないといけません。

 

③テストの解きなおし

ここまでくればやるべきことは非常にシンプルです。一度間違えた問題を解きなおして、解けるようになるまで繰り返し練習すれば大丈夫です!

逆にここをおろそかにしてしまうと、テストの点数をなかなか伸ばせず悔しい思いを毎回することになってしまうので、注意が必要です。

 

④1学期に学習した内容の復習

最後に忘れてはいけないのが、この中間テストと期末テストで出題された内容の復習です。特に2学期では、各学年ともに1学期に学習した計算や考え方を使って新しい内容を学習することになります。

学校の授業も、その内容を把握しているテイで進めるので、夏休みを挟んだ時にしっかり復習できていないと2学期以降授業に置いて行かれてしまいます。

 

以上が、期末テスト後にやるべき4つのことです!

今回は中学生に焦点を当てましたが、高校生の勉強法にも通じるところが多くあります。

「いかに早いタイミングで自分の勉強法を確立できるか」、これが最大の課題でもあり、これからの勉強を面白いと思えるきっかけになると思っています。

一緒に見つけていきましょう!

先生たちより愛をこめて

こんにちは、加茂駅前校の津村です。

さて、私立入試まであと9日となってまいりました。例年と違い、コロナウイルスに翻弄された学年ですが、加茂駅前校の生徒たちはたくましく成績を伸ばしてくれました。彼らの成長を見守れたこの1年は今までの子供たちに負けず劣らず充実した1年間でした。

しかし、今年はこの時期の塾の先生の毎年の楽しみである『とあること』が出来ません。そう、入試応援です。今年度は最後の最後までコロナウイルスの影響を受け、例年各学校の校門前まで赴き『頑張れよー!』と激励をするのが1つの楽しみでもあるのですが、今年は緊急事態宣言下である京都府の私立高校連盟から『入試応援、もう密でしかないからマジでやめて(要約)』との通達がありました。ちくしょう

彼らが頑張って人生最初の大試練に挑もうというのに、まるで応援できないのは非常に可哀そうに感じたため、加茂駅前校の先生方にも協力してもらいながらInstagram用の動画を撮影しました。

こんな感じで、ボードにコメントを書きながらひとことメッセージを添える形にしました♪


では、ここで津村が特に『ええな♪』と思ったコメントを4つ紹介!

ええな①:とにかく明るいコメント

ええな②:下にコメントを書く

ええな③:他の講師と方向性の違う激励

ええな④:書いてることは普通でも動画内のメッセージが秀逸


 

さて、ドレがダレだかわかるかな?

正解はフレックスのInstagramをご覧ください!

理系教室長が語る歴史のお話④ ~歴史を学ぶ意味 未来への危機感を感じてる?~

さて、歴史を語るシリーズも今回で最終回です。

↓↓↓前回まで↓↓↓

理系教室長が語る歴史のお話① ~どうして歴史って難しいの?~

理系教室長が語る歴史のお話② ~全世界共通!歴史の流れ~

理系教室長が語る歴史のお話③ ~世界と日本の歴史のペースの差によって生まれたもの~

今回は前回までの話を元に歴史を学ぶ意味を考える事にしましょう。

 

前回、日本の歴史の大きな特徴として、『遅れに気が付いたときにめっちゃ頑張って発展した。』という側面を見出しました。この発展の理由は基本的には『他国に征服されないため』という側面が非常に強く打ち出ていました。

飛鳥時代には聖徳太子が高句麗・新羅より優位に立つために隋へと使者を派遣しました。

元寇の折には2度目の侵略に備えるために九州北部に防護壁を建設し、パワーアップして襲来した元の軍勢を寄せ付けませんでした。

戦国時代では国内が分裂状態であるにも関わらず大航海時代の植民地支配を受けないだけの軍事力を身に着けました。

明治維新は圧倒的国力差を縮めるために様々な人々がエネルギッシュに活躍し、アジアで唯一の大国の地位へと駆け上がっていきました(その分、明治は覚えることもケタ違いに多いのですが………)。

 

では、現在の世界と日本はどうでしょう?

 

時代の変化は現代に向かうにつれてどんどん早くなっています(日本でも古代は1000年続いたのに対して近代は77年しかありませんね)。そんな中、世界は『現代』でも75年間で『原子力と宇宙航空の時代』から『情報ネットワークの時代』へと差し掛かり、ついには『AIの時代』へと差し掛かろうとしています。当然、私たちもこの激化する流れについて行かねばなりません。

それに対して、今日本では歴史の流れから逸れているような様々な問題が発生しています。その問題たちも、少子高齢化労働人口減少非効率な長時間の労働生産体制ジェンダー格差貧富の差の固定化など、『原子力と宇宙航空の時代』から警鐘を鳴らされていたにもかかわらず、今なお解決には程遠い状態です。もし、このまま『原子力と宇宙航空の時代のころの現状』に甘んじ続けるようであれば、近代中国のように他国から取り残され、私たちは辛く苦しい時代へと歩みを進めてしまうかもしれません。

だからこそ、私たちは『世界から遅れてしまうかもしれない』という危機感を正常に感じ取りながら、変化を恐れず、自分の人生、身を置く社会、そして世界を豊かにしていく人間に成長していく必要があります。

 

それが、私の考える『歴史を学ぶ意味』です。

 

さて、堅苦しい話になってしまいましたが、そこまで気負わずとも『テストのため』『入試のため』といったスタンスでの勉強でも全く問題ございません(笑)

フレックスでは通常・講習授業のほかに5教科パックベーシックウイングなどのICTコンテンツにて指導を行っております(また、こういった『興味をそそる』タイプのお話は教科を問わず休み時間等にもさせていただきます)。

少しでも興味を持たれた方はいつでも歓迎いたしますのでいつでもお越しください。

 

おまけ

他の教室のブログでも触れておりますが、友人紹介キャンペーンを実施しております。6月中のキャンペーンです!ご相談はお早めに♪

 

新しい学年最初の定期テスト!

5月は新学年最初の定期テストがあります。

京阪宇治駅前校でも、生徒たちは最初の定期テストに向けて頑張って勉強しています。

それぞれ目標点を決めて、とにかくスタートダッシュをスムーズに決められるよう、スタッフ全員サポートします!

 

 

さあ!新しい学年のスタートです!

春になり桜も満開を過ぎ、生徒たちは新しい学年のスタートです。

京阪宇治駅前校は、観光地の宇治橋のすぐそばですので、観光客もたくさん桜を見に来られています。

そんな人々を横目に、4月の通常授業が開始となりました。

それぞれ目標をもって、頑張っていきましょう!!

新しい学年で頑張ろう!

みなさんこんにちは。京阪宇治駅前校の大西です。

新しい元号もきまり、サクラも咲き始めましたね。

春は新しい事がたくさん始まる季節です!新しい学年になりクラスが変わると友達も変わります。先輩になる学年もいますね。全員に言えることとしては、「今できる事を全力で頑張ろう!」です。まずは自分から動いて行きましょう!

フレックスでは、ちょうど春期講習の折り返しです。来週から通常授業が始まりますが、それまでしっかりと前学年の復習を行い、「自信をもって、次の学年へ」進めるよう頑張りましょう!

2019春期講習および新規生募集開始!

いよいよ3月25日(月)より、春期講習が開始となります!

個別教育フレックスでは、講習期間は徹底的に復習を行います!

4月から新しい学年になる前に、きっちりと前学年の復習を行い、最高のスタートダッシュが切れるよう指導します。

あわせて、4月5日(金)より、

2019年度の通常授業が開始となりますので、新規生も募集中です。

気になった方はぜひお近くの教室までご連絡下さい!

あなたの《やる気》一緒に育てましょう♪

みなさん、こんにちは♪                         京阪宇治駅前校の井本です。

最近徐々に暖かくなってきましたね。
足音が聞こえる今日この頃です。
受験生にとっては進路確定の大事な時期です。
満面の笑みを見せてくれるこの日まで、               よく頑張ってきました
あとは「春のたより」を待つのみです。

そんな先輩を見ている後輩達へ。
しっかりと頑張っている姿見ておいて下さいね。
その姿を見ておくことが大事なんだよ。
1年後、2年後自分の姿と置き換えてこれから勉強していきましょうね。
まもなく楽しい春休み。
パーと羽を伸ばしたい気持ちも分かるが、やるべき事をしっかりやって遊びましょうね。
まもなく新学期がスタート。
『何事も始めが肝心です』よ。
「あなただけの」「あなたにあう」先生がきっといます。
あなたの《やる気》一緒に育てましょう♪

学年末テストが近づいています!

みなさん、こんにちは!個別教育フレックス富野荘校の栗本です。

早速ですが、公立高校前期選抜を受験された方は、一部の新聞に問題と解答が掲載されていましたが、自己採点をしてみましたか?

結果を自分で確認するのは怖いかもしれませんが、ぜひ自己採点をしてみてください。

もちろん、前期選抜で合格していることがベストですが、もしダメだった時に、いち早く、中期選抜に向けて対策をしなければなりません!

そのための第一歩として、「自己採点をし、自分が間違えた問題を把握する」ことに取り組みましょう!

 

そして、中学1・2年生は、今週で学年末テスト2週間前となります!

テスト範囲表も発表される時期だと思いますが、今回は科目も多く、範囲も広いテストになります!

だからこそ、まず部活が休みになる来週までにまずは提出物を片付けてしまいましょう!ひとまず、自力で取り組んでわからない問題は先生に聞いたり、解説を読んだりしてから、しるしをつけておいてください。

提出物で分からなかった問題をもう一度解いたり、英単語の暗記を行うのが、テスト1週間前からのテスト勉強です!

塾で自習に来て進めていくのもよし。家で頑張るもよし。

早めから取り組んだら、結果につながります!

今年度最後のテストに向けて、頑張りましょう!

次は公立高校前期選抜!

みなさん、こんにちは。個別教育フレックス富野荘校の栗本です。

私立高校入試の結果発表も一段落し、当教室の中学3年生もみんな合格してくれていました。

さて、公立高校を考えている方は、明日が「前期選抜」です。倍率も発表され、緊張感が増してきていることかと思います。

前回は、入試前日の過ごし方をお伝えしましたが、今回は入試当日の過ごし方をお伝えします。

 

まず、始めに最も重要なことは、

「自分を信じること」

これまで勉強してきたこと、その高校に行きたいという思い。大丈夫かなという不安。

色々な気持ちが錯綜するとは思いますが、入試本番だけは、

「絶対に自分が一番勉強してきた!」「絶対に自分がこの高校に一番行きたい!」「私は絶対に合格する!」

と心の中で思い込んでください!

その思いが最後の一押しとなります!

 

そして、1つ注意してもらいたいのが、

「休み時間に友達と答え合わせをしないこと」です。

入試を受けている間は、だれも答えは分かりません。友達と答え合わせをして、もし答えが違っていたら、次の科目の時に、不安な気持ちをもったまま受けることになりますよね。そんな気持ちは必要有りません!

だからこそ、受験においては、友達と絶対に答え合わせはせずに、終わったら次の科目とどんどん気持ちを切り替えてください!

「絶対に自分は受かるんだ」と強く信じて、本番、頑張りましょう!