【学研精華台校】解の公式覚えられましたか?

皆さん、こんにちは。

学研精華台校の桑代です。

 

いよいよ私立入試ですね!

去年も実はこの時期に投稿したんですが、

『皆さんはちゃんと解の公式覚えられましたか?』

 

今年も生徒が「解の公式を覚えられない」と言い出したので

歌で覚えよう!という話をしました。

 

アルプス一万尺の替え歌で覚えると覚えやすいので

良かったら試してみてくださいね!

ちなみにYOUTUBEでも

解の公式 アルプス一万尺で出てきます!

 

2a ぶんの マイナスb プラスマイナス ルート 
bのにじょう マイナス4ac~♪

 

ぜひ歌ってみてください!

春よ、早く来て~♪

寒い! いや~寒いですね~

はまだかな~」とつぶやきたくなる今日この頃です。

みなさんこんにちは!

宇治田原校の井本です。

コロナが依然と猛威をふるっていますが

この時期は風邪インフルエンザが流行ります。

しかしこの時期、勉強において大切な時期です。

マスクをし、手洗いうがいをしっかり行い予防しましょうね。

さて、今回は『勉強に大切なのは・・・』

少し考えてみたいと思います。

みなさんはどう考えるかな?

分かりやすいテキスト?

熱のこもった授業?

整った学習環境?・・・

いくつもあるし、どれも大事だね。

でも、もう一つ大切な事があります。

それは、入試を目前にし、

一生懸命頑張ってる先輩を見ておくことです。

1年後、2年後を自分と重ね想像することです。

勉強とは【やらんとあかんな】と自分が

思う気持ちが大切なんです。

周りから「勉強しなさい!」と言われると

なかなかペンは進まないものです。

もう一度言いますね。

大切なのは自分の気持ち!

私たちは全力でサポートします!

大切な自分のために、

来るべき日のために、

あなたの《やる気》一緒に育てましょう!!!

【学研精華台校】日めくりで計算力アップ!

皆さん、こんばんは。

学研精華台校の桑代です!

 

今日は小学生の授業があったので、その様子をパシャリ。

小学生には日めくり計算帳を毎日宿題として出題しています。

初めのころに比べると正答率もどんどん上がってきているので、

中学生になってからも楽しみです!

 

次は文章問題もできるように一緒に頑張ろう!!!

【学研精華台校】私立高校入試まであと少し!

皆さん、こんばんは。

学研精華台校の桑代です!

 

そろそろ私立入試まであと少しとなりましたね

学研精華台校では過去問とにらめっこしている生徒が

さらに増えてきました。

この時期は赤本や過去問をひたすら繰り返して行い、

正答率を高めていく必要があります。

どこで間違えたのか、なぜ間違えたのかを分析して

精度を高めていき、本番に挑めるようにサポートしています。

あともう少し気合を入れ直して頑張りましょう!

【学研精華台校】テスト対策と入試勉強

みなさん、こんばんは。

学研精華台校の桑代です!

 

今日は土曜日ですが、テスト前ということもあり、

テスト対策やテスト前の課題で中3生は大忙し。

受験勉強をしたいという生徒には受験勉強の対応、

テスト勉強が間に合っていないという生徒にはテスト勉強といった形で

勉強のスタイルを合わせています。

 

中3生はしんどい時期ですが、今頑張れば自分のためになると思って

しっかり頑張りましょう!!

【学研精華台校】授業風景

皆さん、こんばんは

学研精華台校の桑代です!

 

今日は授業風景をお届けします。

今はコロナのこともあるので、少し距離を取りつつ授業を行っています。

お互いに意識しながらも、勉強にしっかり取り組める環境づくりをしています!

【学研精華台校】明日からテスト!【精華西中学校】

皆さん、こんばんは!

学研精華台校の桑代です!

 

明日からテストが始まる精華西中学生たちは

今日も熱心に勉強中!

明日は副教科と国語がメインのため、

暗唱したり、暗記に励んだりしている生徒が多かったです。

中には夜ご飯を持ってくる生徒もいました!

 

中3生はテストに受験勉強にと大変ですが、一緒に頑張りましょう!!

センター試験&共通テスト 比べてみた

こんにちは、加茂駅前校の津村です。

さて、週明けでお送りしておりますが、先週の土曜・日曜と2日間にわたって初めてのセンター試験に代わる『共通テスト』が実施されました。記述をするorしないなど実施までゴタゴタした挙句、マーク式に落ち着いたという『変革に失敗した施策』といった印象が強い共通テストですが、『データを用いた思考力・判断力』といった命題は捨てていないので問題の方向性は大きく変わっています!

そこで、今回は私の一番得意な『数学』の中でも『数学Ⅰ・A』にスポットを当てながら、この10年間でどのように変わったのかを実際に比較してみようと思います。


比較:2021年共通テストと2011年センター試験

年度 2021年 2011年
平均点(100点) 53~61 (予備校各社速報値) 65.95
大問1の傾向
Ⅰ.式と計算・図形と計量

中問[1]は基本的な計算がメインだが、最後に会話形式の出題。中問[2]は後半になるにつれて面倒な問題が増えているが、概形がイメージできるとラク。

Ⅰ.式と計算

基本的な計算と命題の問題。出題された計算は数陣組み合わせからひらめく事で計算時間をショートカットできる。

大問2の傾向
Ⅱ.2次関数・データの分析

共通テストらしい実生活における利用問題。中問[1]はとある生徒が短距離走の最速を出すための数学的な思考を織り交ぜた問題。毛色こそ違うが計算自体はまだラク。中問[2]は5年ごとの各時代の産業別就業者割合に関する箱ひげ図。グラフの読み取りをゆっくり行う余裕はあまりない。

Ⅱ.2次関数

例によって軸に変数が入っており、変数込みの範囲を考える力が求められる。場合分けが必要そうで、実は必要ないというオチがある。

大問3の傾向
Ⅲ.確率(選択問題)

箱からくじを引く問題に対する生徒たちの考察の会話内容がメインの出題。ページ数が多く読み込んでしまうとかなりのタイムロス!

Ⅲ.三角比・図形の性質

三角比は基本的な公式利用でOK!図形の性質は正確な図形の描写が必須なレベル。この問題の中では難しめ。

大問4の傾向
Ⅳ.整数の性質
(選択問題)

試行自体は確率のような感じではあるが、実態は不定方程式を用いた問題。確率の問題と勘違いして進んでしまうと式の思案に時間を大きく取られる。

Ⅳ.確率

比較的単純な反復試行の問題。最後の期待値はやや面倒。分母が特定の数のみに依存する分、計算ミスに気を付ければ突破口が見える。

大問5の傾向
Ⅴ.図形の性質
(選択問題)

内接円・外接円に関する問題。こちらは今までのセンターに近い形式の問題となっている。

なし

その代わりすべて必答である。

津村の見解 問題文の総量がかなり増えており、10分増加でもキツい!計算速度のみならず早く読んで早く理解することがとても重要なテストである。 学校で習う基本公式を標準レベルで使いこなす力があれば、充分高得点が狙える!

※補足:キリよく10年前の2011年をピックアップしましたが、この年は『脱ゆとり教育』が始まる直前の年でもあります。教育の方針が10年でここまで変わるとは流石の僕もビックリです。


見比べてみましたがとっても変わっていますね(汗)

特に大問Ⅱ~Ⅲにかけては、共通テストならではの『実生活への利用・資料読み取り』に大きくシフトしているように感じます。他の教科に関しても、実際の問題・様々なサイトを見ていても、理系教科には『文章を速く読み解く』という文系的側面が、文系教科には『資料を活用して論理的に考える』という理系的側面が感じられる問題が増えたように感じます。

どちらにしても、ここからの高校生文系・理系に関わらず『正確な主述関係』『論理的思考』を重視して学習を進めていく事がかなり重要であるように感じられます。個別教育フレックスでもこの変化に対応できるようにイロイロと思案中です!

大学入試に関してのご不安も是非フレックスまでお声がけいただければと思います!

【学研精華台校】オンラインで英会話ができます

皆さん、こんにちは。

学研精華台校の桑代です!

 

今日はオンラインで英会話授業を受けている生徒のサポートをしていました。

と言っても、もう大分慣れてきたものでほとんど一人で対話できていたので、

見守っているだけだったのですが

隣で成長を感じられて嬉しく思っていました。

 

英語にも自信がついてきたのか、

話しているときの笑顔も素敵でした!

 

少しずつ単語も覚えてきてるし、これからもしっかり勉強して

どんどん自分のものにしていこう!!